Just another WordPress site

面白いが魅力

面白いが魅力のパンフレット制作について

企業の中でも面白い企画を盛り込んだパンフレットと言うのは注目が行われるケースが多く在ります。
例えば、旅行会社のパンフレット制作では面白い旅行企画を作り上げ、それを盛り込んだパンフレット制作に利用する事で話題性を持つと言う事です。
しかし、この場合の面白いと言うのはパンフレットに対するものではなく、旅行ツアーにおける面白さと言う事からも、パンフレット制作の中での面白さを伝えるためにはアイデアが必要になります。

例えば、綺麗な画像を使いながらストーリー性を持たせることで面白さを出すことも出来ますし、面白さが在る事でパンフレットの本来の目的でもある魅力を伝える工夫を取り入れられると言うメリットが出て来ます。
読み手にとってパンフレットは商品やサービスなどの価値がどこに在るのか、他の会社のものと比較をした場合、どのような利点が在るのかを知るための印刷物であり、購入意欲を起こさせると言った目的が在ります。

購入意欲を起こさせることを訴求力と言いますが、パンフレット制作の中でも商品や製品、サービスを紹介する印刷物には訴求力をつけることが求められます。

面白いパンフレット制作を行う事で、パンフレットを見る機会が増えると言うメリット、話題性を呼ぶと言うメリットが在るため、より多くの人々に対して宣伝効果を高める事が出来ますし、訴求力を持つ事で販売効果を高められると言うメリットにも繋がります。
面白さを伝える工夫としては、ページの中に記載を行うコンテンツを選ぶことだけではなく、製本スタイルを考える事も効果的と言います。

パンフレットと言うと、A4サイズ仕上がりのページをめくるタイプが一般的ですが、A3サイズの折りページを作り、折りページが両側に在る事で、ページを開いた時は観音開き両側が閉じられているわけですが、左右のページを開いた時に、インパクトを持つ写真やイラストが掲載されていることで、パンフレットを見る人に対して面白さを伝えることが出来ます。

これは予想外のものがそこに在ると言う一例になりますが、一般的な製本スタイルに変化を与えることで見る側への興味を惹きつけることが出来るパンフレット制作が可能になります。

因みに、学校案内と言うパンフレットはこれから入学をする学生に対して配布を行う目的の在る印刷物になりますが、学校の魅力を伝える事だけではなく、その魅力の中に学校生活における面白さを伝える事も学校案内には必要となります。