Just another WordPress site

生じる差について

パンフレット制作で生じる差について

かつて印刷機器が高価な機材であった時代は、印刷業者に任せるのが印刷物を作成する唯一の道であったと言えます。しかしプリンターを製造する企業の技術的な躍進に伴い、一般企業は勿論、一般家庭に向けても高性能なプリンターが導入される時代になりました。画質も年々向上し、そのクオリティについては印刷を専門に行う業者にも負けないレベルのものが作れるケースも増えてきています。

特に一般家庭でもできる社員の印刷は画期的であり、自宅で現像ならぬ印刷が出来るようになったのです。この傾向は非常に大きな進歩として注目に値します。そのためパンフレット制作の様な作業の場合には必ずしも専門の業者を頼らなくても済むようになってきています。一般企業は勿論、個人でもパンフレット制作が出来る時代になってきたのです。

しかしながらパンフレット制作をテーマにした場合、一般企業や一般家庭で作成する場合と専門業者で作成する場合では大きく二つの差が生じます。これはパンフレット制作に限った話ではありませんが、避けることの出来ない違いがあるのです。その第一の要素はクオリティであると言えます。これはきれいに印刷する以外の要素を多分に含んでいます。

一般企業や一般家庭向けのプリンターは高性能になってきてはいますが、平面の紙にきれいに印刷するくらいしかできません。しかし印刷を専門にしている業者においては様々なものに印刷が出来たり、クリアトナーと呼ばれる透明の膜を印刷することで立体感のあるデザインを作ることが出来たりと、一般企業などでは対応が難しい様々なクオリティの差を出すことが出来るのです。これは印刷機器の性能の違いであれい、個性的で見る人を驚かせる高品質はいまだ印刷業者の専売特許であると言えるでしょう。

またもう一つの差がパンフレット制作に必要になるコストであると言えるでしょう。同じものを作るのであればコストはより小規模に行う方が高くなります。印刷業者の印刷機器はその構造から違うため、大量印刷には極めて大きなアドバンテージがあります。大量の印刷に対しては未だ極めて大きなメリットがあると言えるのです。一般企業や家庭用のプリンターは印刷のためのインクやトナーで利益を出すビジネスモデルで売られている傾向が強く、コスト面では印刷業者には勝てない仕組みになっていると言えるのです。この様な仕組みに気が付けばパンフレット制作における印刷業者の差とメリットが見えてくるでしょう。