Just another WordPress site

手段について

パンフレット制作とコンテンツを目立たせる手段について

パンフレットを制作する目的は、それぞれのコンテンツを紹介することにあります。しかし、単にコンテンツを並べて紹介するというだけでは、利用者に散漫とした印象を与えてしまい、伝えるべき内容をうまく伝えることができません。そのため、利用者が利用しやすいパンフレットを作るためには、コンテンツの見せ方を工夫する必要があるのです。

その工夫の代表例としては、レイアウトの構成によって目立たせるべきコンテンツを目立たせるという手段をあげることができます。しかし、そのためには、まず「目立たせるべきコンテンツ」を決めなくてはなりません。これによって、冊子型のパンフレットであればページごとの、折り込み型のパンフレットであれば部分ごとに目立たせるべき内容が決まり、それに応じたレイアウトが構成されることになります。つまり、これこそが、パンフレット制作において最も重要なことであると言っても過言ではないのです。

また、あらかじめコンテンツに優先順位をつけておけば、外部のデザイナーにパンフレット制作を委託する際にも、ページや場所ごとに強調したい個所を説明しやすくなり、委託を受けたデザイナーも、パンフレットの意図を理解しやすくなります。つまり、意思の疎通を図りやすくなるわけです。

ただし、この時に重要なことは、コンテンツの優先順位を理解し、それをしっかりと踏まえてくれるデザイナーに仕事を依頼することです。デザイナーの中には、我が強く、自分のイメージを押し通そうとする人もいるため、このようなタイプの人に仕事を頼むのは避けたいところです。今日では、インターネットを通じてデザイナーの評判などを確かめることもできるため、評判の良いデザイナーを探してパンフレット制作を依頼するようにしましょう。

さらに、パンフレット制作が終了した後は、自分たちでパンフレットをよく確認し、利用者の視点からパンフレットを見てみることも重要です。これは、パンフレットの見やすさを確認するだけでなく、誤字脱字がないかどうかを調べるという意味でも重要な作業と言えます。もちろん、これによって直すべき個所が見つかったら、修正した後、再び確認して、問題点がなくなったら完成したことになります。

しかし、外部のデザイナーにパンフレット制作を委託している場合は、このような確認作業をした後、再びデザイナーに修正を依頼することになります。ここで連絡に時間を置き、修正箇所を貯めすぎた状態で修正を依頼すると、仕事に支障をきたす恐れがあります。そのため、やはりデザイナーとは細かに連絡を取り、修正箇所に関しても、細かく修正を依頼した方が良いと言えるでしょう。