Just another WordPress site

扱う仕様は?

パンフレット制作を行っている業者が取り扱う仕様は?

何かをPRしたいと考えた場合は、まず思い浮かんでくるのがパンフレット制作だと思います。そしてパンフレット制作する方法としては完全にオリジナリティが出るように自分たちで作る又は基準になるものを用意してそこに当てはめていく形で作るなどとあります。このようなパンフレット制作方法を利用するのは個人営業のお店や学校で子どもたちが作る場合です。

では、ビジネスなどでパンフレットを利用したい場合はどうしたらいいのでしょうか?ビジネスのPRの際は大量に必要になります。そういった時は、パンフレット制作している専門業者へ依頼することをお薦めします。当然専門にしているため安心もできます。主な仕様の種類としては、パンフレットの場合A4/4ページ・二つ折り、A4/6ページ・巻三つ折り又はZ折、A4/8ページ・観音折又は外四つ折り、A4/8ページ・中綴じ、A4/12ページ・中綴じ、A4/16ページ・中綴じ、A4/20ページ・中綴じになります。

業者によって取り扱っている仕様の種類は異なりますので注意してください。またこういったところでは、フルカラーを採用していますので見やすく制作した内容によっては躍動感溢れるものも出来上がります。そして依頼できる部数は、50部や100部から出来るところがありますので少量で十分という方にも安心できます。

必要最低限の情報だけで良いという場合はA4/4ページの仕様がお薦めになります。コストも抑えられるので余計な情報は載せないという企業にはお薦めです。必要最低限な情報だけでなく少し自由に使えるスペースが欲しいという場合には、A4/6ページやA4/8ページの仕様がお薦めになります。当然使用できるページ数が増えれば制作料金は上がりますが、それだけ魅力的なパンフレットに仕上がります。

A4/6ページやA4/8ページの場合だと代表などからのお言葉や宣伝したい商品などを載せることもできますし、さらにページ数があればその商品の解説も載せることができます。又は関連商品を載せたりと様々な方法があります。こういった業者ではパンフレット制作の他に、会社案内、リーフレット、カタログ、チラシ、ポスターなどの制作も行っています。パンフレットだけでなく会社案内も同時に作ればより宣伝効果が高まります。

依頼の流れとしては、業者へ問い合わせをしてデザインやページ数、発行する部数などについてお互い話し合います。そして業者が仮制作を行い依頼側に依頼内容通りかの確認を取ります。依頼側が了承すれば本制作を行い出来上がったら納品という形になります。